川崎哲のブログとノート

ピースボート共同代表、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員の川崎哲の活動の紹介、オピニオン、資料などを載せています

[提言] 敵基地攻撃能力ではなく、北東アジアの軍縮協議を

私が代表をつとめる集団的自衛権問題研究会は、岩波書店『世界』10月号(9月8日発売)に「敵基地攻撃能力ではなく、北東アジアの軍縮協議を」と題する緊急提言を発表しました。

8月4日に出された自民党の政府への提言は、その表現こそ用いていないものの事実上「敵基地攻撃能力」の保有を提言するものです。それはいくら「自衛目的」と強弁してみても、実質的には他国領内で先制的に、またはそれに近い形で武力を行使することに他なりません。専守防衛から明らかに逸脱するものであり、憲法9条に違反する疑いが濃厚です。

私たちの提言の骨子は以下の通りです。

1.北東アジアにおける核・ミサイルの脅威に対処する軍縮・軍備管理の協議を発展させること
・日中軍縮・不拡散協議の強化。
・米朝交渉と南北交渉を通じた朝鮮戦争の終結と半島の非核化のための国際的行動。
・米ロ中韓朝日6カ国による北東アジア軍縮・軍備管理協議。
・地域のミサイルに関する情報交換から管理・削減へのロードマップ策定(米軍のミサイルも議題に)。
・北東アジア非核兵器地帯構想の議論を深める。

2.日本は専守防衛を堅持し、これを変更すると受け止められるような政策を止めること
・「攻撃的兵器の不保持」原則の厳格化
・「敵基地攻撃能力」を構成しうるあらゆる兵器の導入や開発の中止。
・辺野古の基地建設の中止と普天間返還に向けた米国との交渉。
・南西諸島における誘導弾部隊の配備やF35戦闘機訓練を前提とする自衛隊基地建設の中止。

3.世界的な核軍縮の進展を後押しすること
・米ロによる新STARTの延長。中国を含む多国間の軍縮・軍備管理協議を時間をかけて形成。
・日韓による核兵器禁止条約署名。

4.気候変動や感染症が「人間の安全保障」に深刻な脅威をもたらしている現状を踏まえ、安全保障政策の包括的な見直しを進めること
・北東アジア諸国間でコロナ対策に関する情報交換。軍事支出を削減して医療・保健に転用。
・北東アジア諸国間で感染症対策、気候変動、災害対応など「人間の安全保障」の協力の強化。

なお『世界』同号は「攻撃する自衛隊」と題する特集を組んでおり、半田滋氏による「イチからわかる敵基地攻撃Q&A」や杉原浩司氏による「『敵基地攻撃能力』保有論を批判する」など関連記事を多数載せています。
https://www.iwanami.co.jp/book/b529414.html

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Information

This entry was posted on 2020/09/11 by in Uncategorized.

Navigation

%d bloggers like this: