川崎哲のブログとノート

ピースボート共同代表、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員の川崎哲の活動の紹介、オピニオン、資料などを載せています

核兵器をなくすために「今年、あなたにできること」を話しましょう~1/30東京、2/5広島、2/7長崎

2019年になりました。世界的には、核兵器禁止条約を発効させる年です。日本では、核兵器禁止条約に日本を参加させるための土台を作る年です。待っていても、分析していても、事態は動きません。一人ひとりが動く。あなたと私が動く。そうやって、日本が核兵器禁止条約に参加し、今の世界史的な潮流のなかで正しい行動をするように、私たちが押し上げていかなければなりません。 2019年、核兵器をなくすためにあなたにできること。これをテーマに、東京、広島、長崎で1月末から2月上旬にかけて会を開きます。ぜひご参加下さい。詳しくは以下の通りです。各回共に事前申込をお願いしています。 1/30(水)【東京】 核兵器はなくせる〜地球一周の航海を経て、2019年を考える〜 19:00~ ピースボートセンターとうきょう 参加費 500円 主催 ピースボート 2/5(火)【広島】 2019年、核兵器をなくすためにあなたができることーICANの川崎さんと語る 18:30~ 広島YMCA 3号館 2F多目的ホール 資料代 500円(学生無料) 主催 ピースボート  共催 公益財団法人広島YMCA  チラシはこちら 2/7(木)【長崎】 2019年、核兵器をなくすためにあなたができることーICANの川崎さんと語る 18:30~ 長崎県勤労福祉会館 3F大会議室 資料代 500円(学生無料) 主催 ピースボート

2019/01/09 · Leave a comment

[2019.1] ジェンダーと核兵器

被団協新聞の1月号に寄せた連載コラム(非核水夫の海上通信)を紹介します。 ジェンダーと核兵器 核兵器とジェンダー(性)というテーマへの国際的関心が高まっている。近年のNPT会議ではアイルランドが積極的に発言し文書を出している。論点は主に2つだ。 1つは核兵器が女性に偏った被害を与えること。放射線の影響は男性よりも女性とくに少女に大きく現れることが科学的に報告されている。差別やトラウマなどで女性に特有のものがあることは被爆者の経験からもいえる。こうした観点は核兵器禁止条約の前文にも記された。他の軍縮条約でも「ジェンダーに基づく暴力」に注目が集まり、昨年のノーベル平和賞は性暴力と戦う人々に授与された。 もう1つは軍縮過程への女性の参加拡大の必要性だ。軍事・安全保障の議論の場は男性支配が顕著で、なかでも日本は極端だ。政府、非政府を問わず女性の参加拡大に系統的に取り組むことが待ったなしの課題である。(川崎哲、ピースボート)

2019/01/08 · Leave a comment

りそなに続け!-核兵器製造企業への融資禁止を広げよう

明けましておめでとうございます。新年早々、重要なニュースを本日(1月6日)付けの毎日新聞が一面で報道しています。 りそなホールディングスが国内銀行として初めて、核兵器製造企業への融資を禁止する宣言をしました。核兵器製造を使途とする融資のみならず、核兵器製造に関わっている企業に融資しないという方針です。またこの記事によると、三井住友とみずほは「核兵器製造を使途とする融資は禁止している」と説明しているとのことです。これに対して三菱UFJは「個別取引ごとに慎重に判断している」として核兵器製造使途の融資を否定していません。りそなに続く銀行が出てくることを期待します。 毎日新聞(2019年1月5日ネット版、6日紙面): りそな「核製造企業への融資禁止」 国内大手銀初の宣言 https://mainichi.jp/articles/20190105/k00/00m/020/164000c 「核」への投融資に厳しい目 金融機関、世論に配慮 https://mainichi.jp/articles/20190105/k00/00m/020/166000c 核兵器製造企業への融資禁止は、核兵器を非人道兵器と定めた核兵器禁止条約成立以来の世界的な流れです。上記毎日新聞の記事では、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のなかでこの問題に主導的な役割を果たしているオランダのNGO「PAX」のスージー・スナイダーのインタビューが出ています。ICANとPAXによる「核兵器にお金を貸すな(Don’t Bank on the Bomb)」プロジェクトはこちら。日本の状況は昨年3月にピースボートのホームページで紹介しています。 この問題について昨年12月、地雷廃絶日本キャンペーンが開催した聖心女子大学でのシンポジウムで概要を報告しました。そのときのプレゼンテーションはこちら。

2019/01/06 · Leave a comment