川崎哲のブログとノート

ピースボート共同代表、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員の川崎哲の活動の紹介、オピニオン、資料などを載せています

今夏のピースボート地球大学「特別プログラム」の参加者を募集しています

今年8月末から9月にかけて第99回ピースボートの船上で行われる地球大学「特別プログラム」の参加者を募集しています。締め切りは5月末日です。地球大学「特別プログラム」は、日本だけでなくアジア太平洋地域を中心とするさまざまな国の学生が一堂に会してすべて英語で行うプログラムです。今年は「ともに築くアジアの平和」をテーマに、日本(広島)、中国(厦門)、シンガポール、カンボジア(シェムリアップ、プノンペン)を訪問する全19日間。ナビゲーターに伊勢﨑賢治(東京外国語大学)、エマ・レスリー(カンボジア・Center for Peace & Conflict Studies事務局長)、ジョン・ジー(シンガポール・Transient Workers Count Two)の各氏を迎え、私がピースボートスタッフの畠山澄子と共にコーディネートいたします。国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の第16目標「平和で公正な社会」をアジア太平洋で実現していくためにできることを、皆で意見をぶつけあって議論します。 詳細並びに問い合わせ・申し込みはこちらから。 Advertisements

2018/05/18 · Leave a comment

第98回ピースボート「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」が出航しました

5月8日、第98回ピースボート「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」が横浜から出航しました。この船旅には、上田紘治さん、倉守照美さんの2名の被爆者と、被爆二世の品川薫さんが参加しています。出航にあたり記者会見を行い、ICANのノーベル平和賞のメダルと賞状を乗せて世界各地で証言会を行いますという発表をしました(記者会見の様子とプロジェクト概要はこちら)。訪問する各地や船内での活動の様子は、おりづるプロジェクトのブログに更新していきます。どうぞご覧ください(こちら)。

2018/05/14 · Leave a comment

[2018.5] 北朝鮮との交渉

被団協新聞の5月号に寄せた連載コラム(非核水夫の海上通信)を紹介します。 北朝鮮との交渉  前号で、北朝鮮が体制保証と引き替えに段階的な核放棄を約束する可能性はあると書いた。実際4月20日、北朝鮮は核・ミサイル実験の中止と核実験場の廃棄を発表した。核保有国ではあり続けるが、これ以上の核兵器開発はしないという意味にとれる。長距離ミサイルを発射しない、他国に核技術を移転しないというのは、米国向けのメッセージだ。 今後これを完全な核兵器放棄につなげていくことが課題だ。核実験場を廃棄するという以上、実験場や関連施設の国際的査察を求め、交渉し実現すべきだ。それが信頼に足る非核化への第一歩となる。査察・検証に日本は積極貢献すべきである。 北朝鮮は包括的核実験禁止条約(CTBT)に直ちに署名し、CTBT機関による査察も可能とすべきだ。その後、完全な非核化の合意と核兵器禁止条約加入をめざすべきである。(川崎哲、ピースボート)    

2018/05/13 · Leave a comment

平和は私たちが作るもの。ノーベル平和賞メダル(武器ではなく)を手に行動しよう

憲法記念日の前日にあたる5月2日、ピースボートで記者会見を行い、昨年ICANがいただいたノーベル平和賞のメダルと賞状を、これから地球一周&全国出張させていきますという発表をしました。昨年のノーベル平和賞は、核兵器禁止条約の成立に対して貢献した世界的なNGO・市民運動の連合体であるICANに贈られました。広島・長崎の被爆者や世界各地の核実験被害者が、この運動の先頭に立ってこられました。この平和賞は、こうした核の被害者をはじめ、核兵器の禁止と廃絶のために努力してきたすべての人たちに向けられたものです。 そこで私たちは、この平和賞のメダルと賞状を、国内外なるべく多くの人たちに見てもらい、手にとってもらいたいと思いました。ピースボートの地球一周の船旅で、被爆者の証言会を行いながら世界中の人々にお見せしていくと同時に、国内でも「展示や撮影会などの企画に使用したい」という方々の申し込みを受け付けます(詳しくはこちら)。8月には、広島・長崎の両資料館で展示されます。ぜひ、ノーベル平和賞メダルと賞状をご自身の目で見て、できれば手にとって、平和のために自分に何ができるか考えて、行動してほしいと思います。 翌3日の東京新聞には「平和賞メダル貸します」という見出しでこのことが報じられたほか、なんと10年前の「9条世界会議」のことが特集で取り上げられています。私はこの世界会議の実行委員会事務局長をつとめましたが(それは本当に大変な仕事でしたが)、なぜあの会議を開いたのか、どのような意義があったのかということについて長いインタビューで話をさせてもらいました。9条は「世界の宝」という見出しの記事で、日本の憲法9条が国際的に評価された主要な10の国際会議が並んでいますが、私はこのうち7つに参加しており、これらのいくつかの提言や宣言の策定過程にかかわってきましたので、このような形でまとまった記事が出たことは感慨深いです。 いま朝鮮半島の非核化と平和が大きなテーマになっています。核や武力の脅しでは、結局のところ非核化も平和も達成できません。外交交渉を行い、きちんとした国際ルールを定めていくことが答えです。現実の情勢も、その方向に動いています。核の脅しに対しては、核の脅しで返すのではなく、核兵器禁止条約を使う。それが答えです。日本の9条は「武力によらずに平和を作る」ということをうたっていますが、核兵器禁止条約はそのような精神の一つの具現化です。核兵器禁止条約に反対する日本政府の姿勢は、戦後平和憲法の精神をふみにじるものです。    

2018/05/04 · Leave a comment

[2018.4] 核廃棄の検証

被団協新聞の4月号に寄せた連載コラム(非核水夫の海上通信)を紹介します。 核廃棄の検証  近く南北朝鮮と米朝の首脳会談が開かれる見通しだ。楽観は許されないが、挑発の連鎖が止まり対話が始まることを歓迎したい。 朝鮮戦争の休戦状態を終わらせ平和協定をめざす中で、北朝鮮が体制の保証と引き替えに、段階的な核放棄を約束する可能性はあるだろう。米国も、北朝鮮の核開発と長距離ミサイル開発の凍結で妥結する可能性はある。 ここで重要となるのが検証だ。10発程度あると見られる北朝鮮の核廃棄を確実にするには、核物質のみならず施設やミサイルへの検証も必要だ。国際的な検証制度が必要になる。 日本はこの面でこそ力を発揮すべきだ。北朝鮮が「こわい、信用できない」とだけ繰り返していても問題は解決に向かわない。国際的信用に足る検証制度を作る。それは核兵器禁止条約が定める柱の一つでもある。北朝鮮のケースが重要な試金石となる。(川崎哲、ピースボート)  

2018/04/22 · Leave a comment

imidasに殺人ロボットに関するインタビュー記事が載りました

集英社「imidas」サイト上のコラム「戦場のリアル」のコーナーに、このたび、「“ロボット戦争”の時代」と題して私のインタビュー記事が載りました。ライターの加藤直樹さんの手によるものです。この記事では、今年出版された『マンガ入門 殺人ロボットがやってくる!?』(合同出版)の内容にも触れながら、「人間が関与することなく自律的に人を殺すロボット兵器」の登場についてお話ししています。これは、SFの話ではありません。既に「対テロ戦争」の現場では、ドローン(無人機)による戦争が主流になっています。ドローン、ロボットや人工知能(AI)の発展が戦争や軍事にどうつながっているのか、それが人権や平和にどういう意味を持つのかについて、考えるきっかけになればと思います。 ●imidas「戦場のリアル」第24回 川崎哲 「ロボット戦争」の時代 2018.4.10 ●川崎哲+畠山澄子(著)、新名昭彦(漫画)『マンガ入門 殺人ロボットがやってくる!? 軍事ドローンからロボット兵器まで』合同出版(注文はこちら)

2018/04/11 · Leave a comment

[2018.3] 核兵器は必要で正当?

被団協新聞の3月号に寄せた連載コラム(非核水夫の海上通信)を紹介します。 核兵器は必要で正当?  核兵器禁止条約の成立とICANのノーベル平和賞受賞を受け、国会ではいつになく核軍縮の議論が続いている。気になるのは、開き直って核兵器を肯定する政府の物言いだ。  安倍首相は「国民の命と平和な暮らしを守り抜く」ためには「通常兵器に加えて核兵器による米国の抑止力を維持していくことが必要不可欠」と述べた(1月26日参院本会議)。 河野外相は日本が核兵器禁止条約に入らない理由として同条約が「米国による抑止力の正当性を損う」ものだからとしている(17年11月21日ブログ)。たしかに核兵器禁止条約は核兵器を非正当化するものだ。だがこれに対して被爆国の政府が核兵器の「正当性」を訴えることはいかなる意味を持つか。今日日本が核抑止に依存する政策をとっているのは現実だが、その依存をどう減らしどう脱するかという意識が欠落している。(川崎哲、ピースボート)

2018/03/26 · Leave a comment

AERA「現代の肖像」で紹介されました

本日(3月12日)発売の週刊誌『AERA』(3月19日号)の「現代の肖像」のコーナーで紹介されました。ライターの山岡淳一郎さん、写真の高井正彦さんに、この数カ月間たいへんお世話になりました。核兵器廃絶や平和のための活動をするにあたっての考え方や、学生時代から今日までのことなどを、いろいろとインタビューを重ねてまとめてくださいました。自分で論評するのは小恥ずかしいので、気になる方は是非お買い求めになってください。こちらから。

2018/03/12 · Leave a comment

米朝が非核化交渉へ?今こそ核兵器禁止条約の出番だ

北朝鮮の金正恩委員長が米国との対話を提案し、韓国が米国に伝達、トランプ米大統領がこれに応じたとのニュースが昨日流れた。 北朝鮮が非核化の用意があるといっても信用できない、というのが大方の反応だろう。「対話のための対話に意味はない」「核開発の時間稼ぎではないか」といった指摘が多い。だが逆に、どういう非核化であれば信用できるのかを考えてみたい。 日本政府は、完全かつ検証可能で不可逆的な核廃棄が必要だと言っている。私もそう考える。問題は、何をもってすれば、完全かつ検証可能で不可逆な核廃棄であると信頼をもって言えるのか、ということだ。 核兵器禁止条約の交渉過程でも同じことが議論された。核兵器を解体するだけではダメで、核兵器の計画やインフラをすべて廃棄する。国際機関の検証の下で廃棄させる。不可逆性を担保する、すなわち再び核武装をできないところまで廃棄させる。これらを、一定の時間枠の中で行う。 こうした交渉の中で、核兵器禁止条約第4条は、核兵器を持つ国が同条約に加入すると言ってきた場合には「国際的な検証下で、一定の時間枠の中で、不可逆的な形で」核兵器を廃棄させるということを定めた。北朝鮮が本当に非核化すると約束した場合には、このことを適用して、核を放棄させる必要がある。 北朝鮮の言うことは「信用できない」と言い続けていても、状況は変わらない。むしろ、信用に足る核廃棄とはどのようなものか、検証制度のあり方も含めた条件をつくるべきだ。その条件を提示して、それをのめば一定程度信頼するが、それをのまないのなら受け入れない、というふうに交渉すべきだ。 なので、今必要なのは、米朝交渉が進んで北朝鮮が本当に非核化を飲むか飲まないかという段階にいずれ至るだろうことを想定して、「本当の非核化のために提示すべき条件」を作ることだ。国際的な検証体制のあり方がその鍵を握る。 北朝鮮の核廃棄を国際的にどのように検証するか。これは国際社会にとって極めて新しく、かつ、困難な課題だ。方法としては①北朝鮮に核兵器禁止条約に加入させ、その下で核を廃棄させる、②北朝鮮に特化した国際的検証制度をつくる、の二択がある。 核兵器禁止条約の下で検証する場合も、北朝鮮に特化した検証制度を作る場合でも、技術的な課題は基本的には同じだ。しかし、普遍的な核兵器禁止枠組みの中での検証を追求する方が、核兵器の普遍的違法化という理念からも、利害関係国の恣意的な運用を避けるという意味でも、ベターだろう。 つまり、今こそ核兵器禁止条約の出番である。同条約は、第4条で、時間枠をもった検証可能で不可逆的な核廃棄を定め、その詳細は今後締約国会議で議論して議定書として定めるとした。北朝鮮の核を廃棄させたい日本としては、この検証の議定書作りに参画し、北朝鮮を禁止条約に迎え入れる準備をすべきだ。 もちろん非核化合意に達するまでには長い道のりだ。米国はその間制裁は続けると言っているし、日本では「抑止力の強化が必要」という論調が強い。だが「抑止力」とは、すなわち攻撃するとの脅しのことだ。大事なのは相手の暴走を「予防」することである。脅しによる抑止は、予防策の一部に過ぎない。 北朝鮮に対する抑止力を強化するといっても、北朝鮮を攻撃して破壊するというような脅しによる抑止力をもちうるのは米国だけである。結局、米国頼みになるだけだ。米国は北朝鮮と直接に交渉していくわけだから、どこかで「これ以上は攻撃しません、脅しません」という手を打つことは避けられない。 米国の抑止力が不確かだ、という議論が高まっていけば、日本の中で、じゃあ日本にも独自の抑止力が必要だという声が高まって、やれ、核武装だとか米国の核を日本に配備し日本もその運用に関わるべきだといったことをいう人が出てくるだろう。ちょっと待て。日本は北朝鮮と核軍備競争をしようというのか。 つまり「相手を攻撃し破壊する力を持つこと(=抑止力)による安心感」にだけ頼って国の安全保障を追求していったら、際限ない軍備競争の悪循環に陥る。日本はそこに既に片足を突っ込んでいる。「相手の軍縮を国際的に検証することによる安心感」へと、少しずつでも、シフトしていかなければいけない。 軍縮の国際的検証が必要だと言うと、そんなの理想論だ、信用できない、という反応がすぐに返ってくる。たしかに軍縮の国際的検証には課題が多い。不完全なことはもちろん認める。だが、じゃあ軍事力のみが信用に足ると走っていったら、世界の核軍備競争は止められない。それが安全な世界か。 北朝鮮が非核化を言っても信用できない。それはそうだ。だが、だから米国の抑止力を強化せよ、と言い続けても、解決の道筋は見えない。だから北朝鮮の非核化を検証できる信頼に足る国際制度の構築を今から準備し、日本がそこにしっかりと関与する。日本が関与した国際的検証の下で北朝鮮を非核化させる。 北朝鮮が核兵器禁止条約に加入するのと引き替えに、韓国と日本も同条約に加入するべきだ。これにより、北朝鮮の核は国際的検証下で廃棄されることになる。一方、韓国と日本には核を配備しないこと、また、両国は北朝鮮に対する核攻撃を援助、奨励しないことが法的義務となる。フェアな取引だ。 北朝鮮、韓国、日本が核兵器禁止条約に加入する。同時に米国は北朝鮮に対して核兵器を含む攻撃をしないこと、体制を保証することを約束する。これらをベースにして、2005年9月に六者協議が合意したところの「北東アジアにおける持続的な平和体制」を追求すべきだろう。 (2018年3月10日、ツイッターで述べたことをまとめました)

2018/03/10 · Leave a comment