川崎哲のブログとノート

ピースボート共同代表、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員の川崎哲の活動の紹介、オピニオン、資料などを載せています

核兵器廃絶国際デーにあたり、核兵器禁止条約についてお話しします

私は今、第99回ピースボートに乗船して「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」(おりづるプロジェクト)と地球大学特別プログラム(「ともに築くアジアの平和」)を実施しているところです。シンガポールで船を下りてからは帰国し、9月下旬に各所で開かれる核兵器廃絶のシンポジウムに参加する予定です。

9月26日は、国連が定めた「核兵器廃絶国際デー」です。これを記念して日本国内でもさまざまな会が開かれますが、なかでも9月24日には明治大学駿河台キャンパスにおいて、核兵器廃絶日本NGO連絡会が主催し国連広報センターが共催する記念イベント「核なき世界へ向けてー被爆国の役割を考える」に吉永小百合さんがトークのゲストとして参加してくださることが決まったので大変うれしく思っています。日本被団協の田中煕巳さんが基調講演をなさいます。ヒバクシャ国際署名の運動の意義を語ってくださると思います。続くパネル討論では、外務省の今西課長(予定)、米国ミドルベリー国際大学院で長く軍縮教育に取り組んでおられる土岐さん、ナガサキ・ユース代表団で活躍している工藤さんが核兵器廃絶における市民社会の役割について議論します。国連広報センターの根本所長が討論の進行役をしてくださいます。

ノーベル平和賞のメダルと賞状も展示されるこのイベントは、事前予約制となっています。9月19日までの申し込みが必要で、ただし定員になり次第締め切ってしまいます。お早めの予約申し込みをお願いします(こちらから)。

これに先立ち、9月22日(土)には同じく「核兵器廃絶国際デー」記念として、創価学会平和委員会が主催しコスタリカ大使館が後援するシンポジウム「核兵器は私たちの大切なものを守るのか?~人道とジェンダーの視点から~」(於日本青年館)にパネリストとして参加します。お申し込みはこちら

さらに、次のような行事でも発言、講演します。

9月20日(木) 18:30~ シンポジウム「核兵器禁止条約と日本の宗教の役割
場所:
主催:上智大学大学院 実践宗教学研究科、ベグライテン、ミシュカの森

9月23日(日) 13:00~ 小学生・中学生向け講演会「核兵器のない世界のために 私たちができること ノーベル平和賞を機に考える
場所:毎日新聞東京本社地下一階毎日ホール
主催:毎日小学生新聞 協力:ピースボート

9月26日(水) 19:00~
大学生協九条の会第3回総会・記念講演会「核兵器禁止条約で変わる世界~今平和について語り合いましょう」
場所:大学生協杉並会館

9月29日(土)9:45~ 大阪・隆祥館書店「作家と読者の集い」

9月29日(土)14:00~ 京都・清水寺(大講堂)
シンポジウム「核の脅威削減にむけて:新たな潮流と市民社会の役割」
主催:日本パグウォッシュ会議/世界宗教者平和会議日本委員会(WCRP)/明治学院大学国際平和研究所(PRIME)/長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)

 

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Information

This entry was posted on 2018/09/08 by in Uncategorized.
%d bloggers like this: